命懸けで日本の子どもを海外に連れていった~鹿嶋柔道スポーツ少年団・仮屋茂先生

「当時、命懸けで日本の子どもを海外に連れていった。」

約40年前、柔道での国際交流の真価に気づき、以来、様々な困難を乗り越えて柔道の国際交流を推進されてきた、茨城県鹿嶋市、鹿島柔道スポーツ少年団の仮屋茂先生のお話を本日伺わせていただきました。

「外に出る。衝撃を受ける。そこから気づきが生まれる。すると学びが始まる。そして夢と希望が広がっていく。」

「中学校、高校、とても厳しい稽古に耐え強くなった、でもその結果、指示待ち人間になってしまった、仕事がうまくいかない、社会での困難を乗り越えられなかった。
もしそんなことがあったら何のための柔道修行だったのか?」

長年の柔道指導、数多くの国際体験、そこからいま二歳児の柔道教育に行きついたとおっしゃる仮屋先生。とても多くの学びをいただきました。

先生の著書はこちら

フェイスブック記事投稿

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中