柔道プチ留学インドネシア体験記 第3回「行って終わりじゃない、学びを最大化するための研修プログラム

 

柔道プチ留学体験記、最後のテーマは留学の事前事後に行う研修と、留学中毎日行われる振り返りの研修についてです!

ただ行って終わりじゃない、海外での学びを高めるための研修について、今回は紹介します!

※イベントページはこちら https://www.facebook.com/events/562919017233435/

 

%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3

■研修全体を通して大切にしていること

研修はオンラインのビデオ通話で行うものと、直接会って行うものの2種類があります。これらの研修全体を通して大事にしていることは、「言語化」です。自分の想い、目標、感じた事、見たものなど、丁寧に丁寧に自分の言葉で表現していくことで、自分の学びを自ら認識できるようになり、成長のスピードを上げていきます。

­

■事前研修

事前研修で扱うのは大きく3つ、(1)自分を知る(2)仲間を知る(3)目標を明確にする、です。

(1)自分を知る

今までどういう人生を歩んできたのか、どういう価値観を自分は持っているのか、なぜプチ留学に参加しようと決心したのかなど、あらためて自分を見直すことで自分の軸をはっきりさせます。軸をはっきりさせて意識づけをしっかり行うことで、価値のある海外経験へとつなげていきます。

インドネシアプチ留学の際には、自分の人生をグラフに描いて説明したり、自分のアイデンティティを書き出して説明してみたり、そしてそれらに他の人からフィードバックをもらったりしながら、自分を深く理解していきました。

(2)仲間を知る

プチ留学には全国から多様なメンバーが集まっているので、その仲間を知るということは非常に大切なことです。オンラインでの対話やワーク、そしてリアルの場で一緒に稽古をしたりして、仲間を知り、メンバーとしての絆を深めていきます。インドネシアプチ留学では、青山学院大学の柔道場をお借りして、稽古を一緒に行いました。

%e5%9b%b31

(3)目標を明確にする

自分を知り、仲間を知った上で、「プチ留学を通じてどんな成長を遂げたいか」という目標を、それぞれが明確にして共有します。この目標は、現地滞在中や日本帰国後に「自分は今どれくらい頑張れているのか」「自分はどれくらい頑張れたのか」を確認する指標にもなります。

<参加者体験記>

「この研修を通して感じたことは、大きく分けて二つです。一つは自分の事を見つめ直す大切さです。普段自分を見つめ直す機会はあまりありません。そして、いざ見つめ直してみると自分の事なのに分からない事もありました。多分この研修が無ければ自分を見つめ直す事も、自分の事が分からないと悩む事も無かったと思います。この研修はとても良い経験になりました。
二つ目は一緒に行く仲間の事を少しでも知れたことです。出発する日にはじめましてではなく、事前に知れることでどんな人なのか知れたし、どんなことを思いこのプチ留学に参加したのかなどといった事も知れました。」

■留学中に行う振り返りの研修

プチ留学で現地滞在中は、毎晩メンバー全員で集まり振り返りの研修を行いました。

この振り返りの研修では、海外にきて「何を見て」「何をして」「何を感じて」そして「何を学んだか」などを言葉にして共有していきます。

NGOの支援する学校を訪問した日の夜には、「幸せとはなんだろうか」という問いについてそれぞれが考えました。

また、それぞれが事前に設定した目標に対して、「どれくらい達成できているのか」「できていないならば、なぜできていないのか」「うまくいったなら、それはなぜうまくいったのか」そして「次はどうするのか」を考え、少しでも自分の成長につながるように課題解決を行いました。

%e6%8c%af%e3%82%8a%e8%bf%94%e3%82%8a

日々の学びを言葉にして共有し、そして次につなげていくことで、毎日確実に成長していきます。

■事後研修

事後研修では、(1)渡航前の自分と比べて、どう変化したかを言語化する(2)未来の自分達について考える、の2つを行いました。

(1)渡航前の自分と比べて、どう変化したかを言語化する

渡航前の事前研修で明らかにした「自分」が、インドネシアでのプチ留学を経験してどう変わったのかを、メンバーでお互いにコメントしながら探っていきます。渡航前との変化をしることで、プチ留学での経験が自分にどんな意味を持つのか理解します。

(2)未来の自分達について考える

事前研修・インドネシアでの経験を通じ、様々な学びがあり、そして自分自身の理解も深まりました。そのうえで、研修の最後には「○○年後にわたしはこうなっていたい」「その未来のために、こんな努力をする」の2つを宣言しました。プチ留学はゴールではなく、出発点であり、通過点です。それぞれがポジティブに未来に向かって宣言して、プチ留学を卒業していきました。

<参加者体験記>

「留学中はその日に学んだことをみんなで共有、確認することで自分とは違った考えもあり、知識が深まりました。事前研修で行ったプログラムと同じものを事後研修で行うことで、留学前と留学後で自分の考え方がどのように変わったかを知ることができ、この留学がとても有意義だったと改めて感じることが出来ました。」

以上、インドネシアでのプチ留学に関して、全3回のシリーズで投稿させていただきました。

2017年もプチ留学は実施予定です(3月末予定)。ご興味・ご関心ある方は、ぜひご連絡ください。一緒に冒険の旅に出かけられるのを、とても楽しみにしています。

また2016年11月15日(火)19:00から東京にて、インドネシア仙石先生に来ていただき、トークイベントを開催致します。こちらも振るってご参加ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中